チャップアップを使い始めて突然やめたら副作用はあるの?

チャップアップを使っても、着く作用がないのだろうか?と心配になっている方もいるのではないでしょうか?育毛剤は、副作用のことを理解しないで使うことは危険だと思います。そこで、チャップアップの副作用についお話ししたいと思います。

 

 

チャップアップは副作用があるのか?

チャップアップには副作用がないとされています。なので、チャップアップを使い始めて突然やめたら副作用はあるの?と気になる方もいると思いますが、大丈夫です。チャップアップは、満足度が高く、多くの専門家の方が推薦している育毛剤です。やはり、副作用がないとされることから、人気があるのではないでしょうか。

 

 

チャップアップに副作用がない理由は、無添加・無香料だからです。育毛剤には、添加物や香料が入ったものがあります。しかし、添加物や香料は、頭皮や髪に悪影響を与える危険があるのです。

 

そこでチャップアップでは、「育毛するために、頭皮や髪を傷つける」という矛盾を解消しています。その結果が、チャップアップでは、添加物を使わない、香料を使わないということなのです。

 

なので、チャップアップでは、頭皮と髪に優しい成分を使っているので、副作用がないとされています。

どんな成分がチャップアップで使われている?

チャップアップには、3種類の育毛有効成分と、全32種類の成分を配合しています。センブリエキス、グリチルリチン酸、ジフェンヒドラミンHCなどの3種類の育毛有効成分は、髪の成長に欠かせない成分です。また、様々な植物のエキスを利用しています。チャップアップの成分は、髪に優しい成分が配合されているのです。

 

 

育毛剤を使うと、一時的に髪が抜ける?

育毛剤を使うと、一時的に髪が抜けると聞いたことはないでしょうか?副作用を心配される方の多くは、一時的に髪が抜け落ちることを心配しているのではないでしょうか?しかし、髪が一時的に抜け落ちるのは、髪の成長サイクルに従った自然なことです。

 

人間の髪には、[成長期(髪が成長する)→後退期(成長が止まる)→休止期(髪が抜ける)]という、髪の成長サイクルがあります。薄毛や抜け毛の原因は、この髪の成長サイクルが正しく回らないからです。成長サイクルが乱れる原因は、頭皮の環境が悪いことが1つの原因です。

 

そこで、育毛剤を使うと、頭皮の環境が良くなります。その結果、正しく成長サイクルが回り始めます。その過程で、休止期に入ると、髪が抜けます。多くの方は、この時、「育毛剤を使ったから、抜け毛が増えた。。。」と悪い意味で捉えます。しかし、本当は、「育毛剤を使ったから、髪の成長サイクルが正常になり、休止期(髪が抜ける時期)が訪れた」ということなのです。